既卒の就活体験談Vol.50|税理士志望だった男の「エンジニア」への挑戦!

既卒の就活体験談Vol.50|税理士志望だった男の「エンジニア」への挑戦!

おはようございます。Takahiroです!今日は寒いですね。雪も降ってましたが、みなさん足元悪いので起きをつけください。

さて今回はエンジニア職への内定を獲得したMさんの内定者の声です。

プロフィール

takki_naiteisha50_01

  • Mさん
  • 25歳男性
  • 専門学校(税理士会計士学科4年制)卒

Mさんは、高校卒業後から税理士を目指して勉強していました。「手に職」をつけ、「専門性の高いスキル」をつけていきたいという想いがあったそうです。

税理士・会計士志望であった方は私も頻繁に担当させてもらうのですが、みなさんコツコツ努力されていて、本当にすごいと思い、日々脱帽です・・・。

カウンセリングを通して志望業界の決定

takki_naiteisha50_02

Mさんは税理士試験の結果が出た後、自身の勉強の経験を活かして経理職を目指して就職活動を始めました。ですが、やはり未経験からの経理職は狭き門ですし、募集が少ないのが実情。

そこで視野を広げ、手に職が就き専門性の高い仕事をしていきたいという想いのもと、IT業界を中心に就職活動を行うようになりました。IT系のプログラマーやSE等を志望していましたが、これも未経験では狭き門。そこでMさんは考えた。このままではダメだ。

そうだ、技能を身につけよう!!!

高校時代には資格取得を中心に過ごしていたMさん。燃えると強い!

ORACLEのブロンズを取得したり、JAVAの勉強をしたりと、熱心に取り組みました。それでも実務経験が無いと、どうにも採用まで至らない。どうしたものかと考えながら、今回UZUZにお越しくださいました。

手に職つけて専門性・未経験からでもチャレンジ出来るという部分が既にあったので
未経験からでもチャレンジ出来、専門性の高い仕事である、「インフラエンジニア」を紹介しました。

そんなMさんは、喋るのがちょっと苦手そう。緊張と、しっかり喋らなくてはという想い故に、しまうでロボットみたいなハナシカタナノデス・・・。

Mさんが内定を取れた理由

takki_naiteisha50_03

そんなMさんが内定を取れた理由は、「コツコツ努力する」こと。出来ない部分を理解し、どんどんノートにまとめ、それを家で何度も何度も繰り替えし練習してきてくれるのです。

そして、臨機応変な対応が出来ない部分もありました。そこを対策で予行演習しながら、色々質問して練習を積みました。しっかりと話せるようになって、もう安心。

担当カウンセラーからヒトコト

takki_midashinami2_01

Mさんは、これまでこつこつと努力してきた方なので、本当に細かい事を努力してくれました。対策では緊張して話せなくなったりするのに、「お疲れさまでした!」ってなった後の一休みの時には急にふざけ始めるMさんがとっても好きです♪

これからもご自身のスキルをどんどん高めてくださいね!!応援していますー!!!

Takahiro Takimizu

埼玉県出身。元第二新卒。新卒でメガベンチャーに入社しプログラマーとして勤務するも、自身の実力不足もあり3ヶ月弱で早期退職。その後、2013年にUZUZに入社。UZUZでは新規事業「ウズウズカレッジ」のエンジニアコースを担当。教育研修型の若手人材育成事業に携わる。