既卒の就活体験談Vol.42|25歳既卒 薙刀1級を持つ女性が材木メーカー事務職に就職

既卒の就活体験談Vol.42|25歳既卒 薙刀1級を持つ女性が材木メーカー事務職に就職

少し前の方ですがUZUZを利用し内定を獲得した方をご紹介します。今回はこんな方でした!

Sさんは芯の強い元薙刀使い!

kuniyuki_naiteisha42_02

性別:女性
年齢:25歳
経歴:高校卒業→2年制外国語専門学校→1年イギリス留学→4年制大学(日本)
社会人経験:なし
希望職種:事務職・広告制作関係
保有資格:薙刀検定1級

Nさんは外国語専門学校で英語を学び、更に学びたいと思い1年留学をしましたが帰国後大学を出ていた方が将来的に良いと判断し、4年制大学に入学しました。卒業後はご両親の介護などを行っておりましたが、落ち着いたため就職活動に動き出しました。

カウンセリングの印象としては大人っぽい印象をお持ちの方で、薙刀をしていた背景からも芯が強い方だなと感じておりました。

就職活動において難しかった点

new_kuniyuki_naiteisha42_03

やはり「ブランク期間」です。元々普通の方と比較をして遠回りをしているため(専門学校→留学→一般大学)面接官からなぜこのような経歴になっているの?と聞かれる機会が多かったです。

更に、大学卒業後にご両親の介護を行っていたのですがこちらに関しても指摘がありました。就職活動において、親の介護は厳しく問われるケースが多いです。本人としては仕方ないじゃんと思うかもしれませんが、客観的評価を受ける選考の場では『考え方が甘い』と言われてしまうケースもございます。

内定GETした理由

shotaro_shoruisenko2_01

明るさ/誠実さ/成長意欲の高さの3つです。

25歳未経験既卒という状態ではありましたが、自分の現況を認めてかつ明るく接していました。面接時だけではなく、カウンセリングの際もいつもニコニコしており、「あ、これはいけるな」と直感しましたね。

もう1点は今回内定を頂いた企業は特殊な住宅用建材を仕入・販売行っている埼玉にある優良企業でした。今後、海外進出も推進しており、語学力があり仕事をスピーディーにこなせる女性を求めているとのことで、Nさんが認められ内定を頂く運びとなりました。

入社企業では早朝勉強会というものが7:30から行われる日もあり、参加するとスタンプがたまり溜まると海外旅行チケットを会社から貰えるという一風変わった制度をお持ちです。成長意欲が高い方の出る杭を更に伸ばすような制度設計を行っているんですね。Nさんは勉強家なので必死でついていってくれるでしょう。

最後に

語学を活かす求人/事務求人というのは非常にレアなケースです。読者の方々もご存知かと思いますが、語学はあくまで色塗りです。要するに技術・経験があり、その上に語学があると更に良い!という後発的なスキルなので語学力は就職活動ではあまり意味がありません。

私もアメリカの大学で3年半を過ごし英語は一定以上は話せると思いますが、第二新卒の就職活動をしていた時に「まずは営業が出来るようになって下さい。その成果が認められれば海外営業に回しましょう」とよく言われました。社会人経験があれば選択肢は広がります、まずは働いて企業内で成果を出して認められる20代を一緒に目指しましょう!

Kuniyuki Imamura

株式会社UZUZ代表取締役社長。元第二新卒。鹿児島出身で高校卒業後、米国アラバマ州立大学ハンツビル校にてマーケティングを専攻。新卒で入社した会社を短期離職した経験から、日本の就活市場を変えるべくUZUZを設立。得意分野は、営業/コンサル/海外/会計分野。