既卒の就活体験談Vol.40|TOEIC975なら英語の仕事が出来る?!

既卒の就活体験談Vol.40|TOEIC975なら英語の仕事が出来る?!

おはようございます。Takahiroです。

2014年も残すところあと356日しか無くなってきましたね。
日々が過ぎるのは早いものです・・・ 笑

つまらん事言ってすいません。

毎日が充実した日々が送れるように頑張っていきましょうね♪

TOEIC975なら英語の仕事が出来る!?

tak_naiteisha40_01

さて、今回は内定者の声です。
Oさんは、まさかまさかの社長秘書に内定です。

未経験者で既卒の方が社長秘書に?!
魅力たっぷりOさんの就職活動の経緯についてお話していきましょう。

Oさんのご経歴

tak_naiteisha40_03

Oさんは、11月の終わりに弊社に登録して頂いて、
ちょうど1ヶ月後の12月の終わりに内定までたどり着きました。

Oさんは富山県出身で、大学進学の際に関東に出てきました。
関東に出た理由は、
東京に出てみたい!」とのことでした。

地方出身者の方はこのようにお話ししてくださる方が多いのですが、
みなさん、東京の雰囲気はいかがですかね?好きになってくれてますか?

さて、そんなOさんは関東に出てきた後、英米文学科で英語を学びました。

さらに英語の魅力を感じたOさんは、学生時代の就職活動はほとんど行わず、
もっとリアルな生の英語を感じたい、学びたい!!」との気持ちのもと、
大学卒業後に半年間アルバイトをして留学費用を自分で3分の2以上貯めて、
いざ、留学!!!

行き先はオーストラリア!!

tak_naiteisha40_04

オーストラリアでは語学の勉強だけではなく、
現地でインターンシップに参加するなど意欲的に活動されていました。
そのインターンシップでは、電話応対や資料作成、資料整理など、
事務的な仕事を中心に行っていました。

これまで私も留学経験者の方とお会いしてきましたが、
現地でインターンをやったりという方はあまりお会いした事が無く、
このような部分からも、Oさんの本気度が感じられるなぁと感心させられました。

そして1年間の留学ののち、帰国。
この1年間の努力はとても凄まじく、大学卒業時では675点だったTOEICのスコアが、
帰国時には975点に!!!!!

努力が本当に出来る方なのです。
なじめない環境に行っても持ち前のガッツと、ひたむきな努力で行動してくる。

カウンセリング→方向性決定!!

tak_naiteisha40_06

そんなOさんですが、帰国後の就職活動の方向性としては、

・20代で若いうちからスキルアップ出来る
・責任ある仕事がしたい

という部分を軸に行動していく事になりました。
これまでの自分、これからの自分という部分をしっかりと考えた末の、
Oさんらしい方向性でした。

面接対策をやっていく中でも、話を聞けば聞く程Oさんの魅力が出てくるんです。
Oさんは私が出した宿題もしっかりやってくるし、その細かさには関心させられっぱなしでした。

その後、事務職を受けていく事になりましたが、
初めての面接ということで、少し緊張もあったのか、
最初に受けた企業は内定までたどり着きませんでした。
やはり、そんなスイスイとは行きませんよね。ん〜、甘くはない。

内定にたどり着く

そんなとき、ある求人が発生しました。
職種はなんと、社長秘書!

未経験でもOKのまさかの求人です。

条件として、
・英語が話せる
・おもてなしの心がある

Oさんは留学というだけでなく、現地のインターンにも参加しているとの事で、
エントリーが取れました。

その際には英語面接もあったので、
kuniさんが英語の面接練習をする事になりました。
tak_naiteisha42_03

(kuniさんは、海外大卒で英語もしゃべれる万能人間なのです☆)

そんなOさんでも、いざ英語面接となると、なかなか喋れない
企業が求める英語のレベルって実はとても高くて、
TOEICスコアもそうですが、どれだけ生のビジネス英語が使えるかを見られます。
英語を使った仕事って、そんなに甘くはないんだなって、再認識しました。

しかし面接に行くと、英語の面接は無かったそうで、
企業様からのフィードバックはもう絶賛の嵐!!!

人柄を本当に高く評価してくださいました。
英語が喋れなくてはならないという当初の条件に関係なく、
その努力の姿勢があれば大丈夫とのお墨付きまで頂けました。

結果、その企業に社長秘書として内定!!!

内定が取れた理由は?

tak_naiteisha40_07

Oさんが内定までたどり着けた理由は、

素直
自分の行動に対しての理由が明確でしっかりと考えられている
目標に向かって真摯に努力出来る

という点があげられると思います。
どうしても、素直になれない。努力をさぼってしまう。
私もそういう所があるので、直していかなきゃなぁと、学ばせてもらいました。

Oさん、
よく頑張ってくれましたね、お疲れさまでした。
もう働かれているので、しばらくお会い出来ないかもしれませんが、
仕事が落ち着いたらご飯にでも行きましょうね!

楽しく仕事ができる事を願ってます!!!
ほんとに頑張ってれてありがとうございましたー!!!

Takahiro Takimizu

埼玉県出身。元第二新卒。新卒でメガベンチャーに入社しプログラマーとして勤務するも、自身の実力不足もあり3ヶ月弱で早期退職。その後、2013年にUZUZに入社。UZUZでは新規事業「ウズウズカレッジ」のエンジニアコースを担当。教育研修型の若手人材育成事業に携わる。