既卒就活日記【岸本編】Vol.2|トランペット奏者を目指していた男が就活を振り返って

既卒就活日記【岸本編】Vol.2|トランペット奏者を目指していた男が就活を振り返って

以前、こちらの既卒就活日記【岸本編】①|トランペット奏者を目指していた男に登場した岸本です。今回は私が福岡から上京して内定を取るまでの話をまとめてみたいと思います。就活としては短期間でしたが、かなり中身の濃いだったと思います。自分の振り返りとしてまとめるので、読みづらかったらすいません。

トランペット奏者を目指していた男が就活を振り返って

intern_kishimoto2_01
※UZUZの新入社員CHANさん(写真左)とのツーショット

私は今まで音楽1本でやってきたので、就職活動は行ったことがありません。
何をやるにしても初めて….正直、不安しかありませんでした。

10月9日|生まれて初めての会社説明会!

intern_kishimoto2_02
※会社説明会で出会い、今は同期の金子さん(貫禄はすでに部長クラス)

振る舞いなどどうしていいのか、分からないまま望みました。
そして、悩みの種のSPI
もちろん、生まれて初めて受けました…
全く自信なかったです。
ただ、できることを精一杯やったとは思います!
参考書は1週間で約2周はやりました。
説明会に対しては、素直に会社の特長や雰囲気など、素直に感じてみよう!
の1点だけを目標にしていました。
まあ、ホントに疲れましたねwww

10月11日|生まれて初めての会社面接!

intern_kishimoto2_03
※就活ではバランスが大事

生まれて初めての会社面接!!
ここでも不安だらけでした。
前日は何度も何度も見直しやイメージトレーニングをしていましたね。
緊張しながら、UZUZさんのオフィスへ….
いざ、対策が始まりました。

川畑さん、こわっっっっ…..

これが、最初の感想ですwwww
まず、雰囲気がいつもと違いすぎて圧倒されました。
そして、質問に答えた後、突っ込んだ質問が間髪入れずに飛んでくる。
よく、止まっていました。

「面接ってこんなに厳しいの!?」

戸惑いまくってましたねw
何とか対策が終わり、面接会場に向かいました。
道中は不安と緊張で押しつぶされそうでしたが、自律神経法をひたすら繰り返してました。
(自律神経法とは目を閉じ、深呼吸しながら「俺は落ち着いている」と自分に言い聞かせる方法です。一度お試しあれ!)

本題の面接ですが、想定外の質問に焦ってしまい、納得のいかないものになってしまいました。
1次面接は合格でしたが、自分では運が良かっただけだと思っていましたし、
そう川畑さんにもフィードバックしていたと思います。

このときは、ホントに悔しかったですね。

この日から3連休だったので、何を聞かれても答えられるように、同じ失敗を繰り返さないように、
想定できる限りの質問への回答を考え尽くしました。
お休みで家でゴロゴロしている川畑さんを捕まえていろいろ聞いて貰っていましたねーw
お休みなのにすみませんでしたww
ちなみにですがテレビとか一切見ていません。
「ヤバいヤバいヤバい!!」しか頭になかったので……..w

10月15日|地獄の面接4連チャン1日目

この日から4日連続の面接です!
先週とは違う企業の一次面接でした。
前日までの準備が功を奏し、今回は上手く話せたと思います。
やっぱり、「準備した!」って自信があれば、多少の余裕が持てます。
この日は岡本さんに対策を行って頂いたのですが、3回笑顔を作るという課題が出ました。
しっかり、3回ニコっとできましたよw
この日は、これで落ちていたら仕方ないと思えました。

10月16日|地獄の面接4連チャン2日目

またまた、違う企業の一次面接!!
この日の企業との面接は、これまでと少し違い、ほとんど雑談していたという印象でした。
ただ、道に迷ってしまい、下北をスーツで走り回っていましたw
面接開始時にはもう汗だくで口はカラカラでしたね。

10月17日|地獄の面接4連チャン3日目

この日は第1希望の企業での最終面接でした。
最終面接……この言葉が私に襲いかかってきましたねw
前日から緊張、緊張、緊張!!
それを、克服する為にイメトレ、イメトレ、イメトレ!!
そして、いつも通り川畑さんの怖い怖い対策でしたw
ここでも、コテンパンにやられましたね…

「もっとシンプルに話してください!」
「話が途中で飛び過ぎです!」

いろいろと言われましたw
ただ、何としても食らいついていく!!
これが、私の決意でした。
対策でやられた分、本番は全く怖くありませんでした。
だって、面接官の方、普通に優しいからwwwww
面接も30分くらい伸びて、後半はほぼ雑談でしたね!!

10月18日|地獄の面接4連チャン4日目

この日は、先週の金曜日に一次面接に行った企業での最終面接でした。

今日こそは、川畑さんを克服する!!

そういった気持ちで対策に挑みましたが、この日も見事に惨敗…
結局、川畑さんの対策より本番がきついことはありませんでした。
ですから、本番も気持ちに余裕が持て、緊張することもほとんどありませんでした。

この日に2社から内定の連絡がありました。
その連絡をもらった瞬間、思わずガッツポーズをしていました!!
このときは、本当にホッとしましたねw

就活まとめ

intern_kishimoto2_04
※UZUZ代表KUNIYUKIさん(いつもはもっと笑ってます)

こうして、私の就職活動は終りました。
振り返ってみると、最初に出てくるのは川畑さんの対策が怖かったことですねw
ただ、あの対策が本当に自分にとってプラスになったと思うし、本当に感謝しています。
結局、最後までオッケーが出なかったのが悔しいですがw

ただただ、必死に食らいついて行くことで質問の答えが洗練され、面接時の姿勢が身に付いたんだと思います。
私自身、特別なことは何もしていませんし、トークスキルが高い訳でもないですから。
川畑さんや、UZUZの方々との出会いは一生大切にしていきたいと思っています。
そう思える方々ですし、オフィスには何か暖かい物を感じますw

私もそうでしたが、既卒の方は不安が大きい思います。
ですが、強い気持ちがあれば必死にバックアップしてくれるUZUZさんがあります。
気持ちがあれば絶対に結果は付いてくる物だと思います。
頑張ってください!!

intern_kishimoto2_05
※面接対策では鬼のように恐い川畑さん(変なポーズですね)

Shotaro Kawabata

株式会社UZUZ専務取締役。元第二新卒。鹿児島出身で高校卒業後、九州大学にて機械航空工学を専攻。大学院へは進学せず、住宅設備メーカーINAX(現:LIXIL)に入社。高校の同級生である今村からの誘いと自身のキャリアチェンジのため、UZUZ立ち上げに参画する。