既卒の就活体験談Vol.27|既卒の25歳が未経験からITエンジニアへ!

既卒の就活体験談Vol.27|既卒の25歳が未経験からITエンジニアへ!

こんにちは。
朝晩も冷え込み、もうすっかり秋ですね。miyoです。先週に引き続き、今週も内定者の声です。

内定者の声、第二十七弾!!

miyo_naiteisha27_01

Kさんの経歴

25歳既卒/未経験からIT業界エンジニアに内定を獲得したKさんです。先週ご紹介した方とイニシャルや年齢、内定先職種が一緒なのですが、別の方です。

Kさんの第一印象は、とてもにこやかで話しやすくて誰とでも仲良くなれそうな方だな、と感じました。Kさんは大学では経済学部に所属して国際経済について学んでおり、特にアメリカの経済の推移について詳しく学んでいました。

新卒時は働くということに対してあまり深く考えておらず、特にやりたいことも特にありませんでした。その結果、「なんとかなるだろう。」という気持ちで大学を卒業し既卒者となりました。2010年に大学を卒業後、学生時代から続けている書店でのアルバイトを行い気づけば、卒業してから3年間の空白期間ができてしまっていました。

今年に入って周囲の友人が社会人として成長している姿や業務上での悩み、目標など自分との差を目の当たりにして焦りを感じ、また就職について考える機会がありこのままじゃいけない、との思いから8月に第二新卒ナビに登録してくれました。

IT業界、技術職を中心に活動!

Kさんはコンビニエンスストアで4年間、書店で5年間アルバイトを継続しており、ひとつのことを継続することが得意な方です。

初回の面談では、強みであるその継続力を活かしコツコツと努力して働いて行く、また専門分野で専門スキルや技術を身に付けたい、との思いから、技術職が合っているなと考えていた反面まずはお金を稼ぎたいという気持ちもあり営業職も気になっている状況でした。

結果として面接を受け始めた時には技術職を中心に選考を進む事になりました。理由としては、「技術職と営業職をバラバラに受けるよりも、まとめて受けていく方が頭の切り替えや将来の夢がぶれずらくなるから」です。また、技術職としての選考が比較的スムーズに進んだのもあり、未経験から技術者として挑戦できる、IT業界の企業を中心に進めて行くことになりました。

「親しみやすい雰囲気」、「笑顔」はNG!?

1社目は説明会兼一次面接として選考に臨みましたが、結果は残念ながらお見送りとなってしまいました。

理由のひとつに、その企業は説明会と面接の間の休憩時間にアンケートを実施しているのですが、面接が始まる時間になっても記入が終わらず「ややマイペースな面がある」とのフィードバックを先方から頂きました。

「ネットワークエンジニア」は、次々と発生する障害を対応する必要があるので、スピード感やマルチタスクが求められます。

また、説明会といっても、「聞く姿勢やメモの取り方」「書類の渡し方や歩き方」など、様々な細かいポイントを見ている企業様も多いので、気を引き締めて説明会に臨むことが大切です。

また、Kさんはいつもにこやかでとても親しみやすい雰囲気なのですが、逆に
・危機感がない
・意欲が伝わらない
・本当に働きたいと思っているの?
と面接官の方に受け取られてしまうこともありました。

努力の結果、無事内定!!

miyo_naiteisha27_02

笑顔で話すのはもちろん良い事ですが、志望動機や熱意を伝える場面ではどんなシチュエーションでもしっかりと意欲を伝えられるように、少し圧迫気味の面接対策やなぜ働きたいと思ったのか、なぜITなのか、「なぜなぜ質問」を繰り返したりなどの練習もしました。

努力することで卒業後3年間の遅れを挽回し、「エンジニアとして活躍したいというKさんの気持ちが伝わり、二社目で見事に内定を獲得することができました。」

内定を獲得後も、二社目ということもあり本当に入社を決めてもいいのか、もう少し他の企業も見た方が良いのかと少し悩んでいる様子でした。しかし、一次面接、二次面接を経験して感じた企業の雰囲気や魅力、この会社でキャリアを積んで行きたいとの思いから内定を承諾し、入社を決意しました。

ちなみにKさんは、面接している部屋の近くから社員の方の楽しそうな声が聞こえたり、親近感が沸いたと言っていました。

Kさんのことなので、来月の今頃はCCNAを取得していると信じています。
Kさんの新天地でのご活躍を期待しています!

Yuka Miyota

栃木県出身。元既卒。大学卒業後UZUZに登録し、副社長・岡本とのキャリアカウンセリング翌日に、UZUZ5人目の社員として入社。キャリアカウンセラー業務を経て、現在はカスタマーサポート/広報/人事アシスタントを担当。既卒・第二新卒の方に活躍の場を与えるべく、日々奮闘中。