【既卒の就活】大学卒業後まさかの内定辞退をした京大生。彼の就職やいかに!

【既卒の就活】大学卒業後まさかの内定辞退をした京大生。彼の就職やいかに!

今回は京都大学を卒業後、内定企業の入社を辞退されたKさん(24歳・男性)の就活体験談をお届けします。

企業の規則に納得いかず内定を辞退


【Kさんのプロフィール】
名前:Kさん
年齢:24歳
性別:男性
出身:四国
出身大学:京都大学

新卒時とある企業に入社する予定だったKさん。しかし入社前研修で「研修並びに入社後一定期間は同期とコミュニケーションを取らないこと」という変わった規則を提示されてしまったそうです。Kさんはこの規定にどうしても納得することができず、入社直前に内定辞退を選択しました。

Kさんは当社の第二新卒向けサービス『ウズキャリ第二新卒』を利用し就職活動をスタートさせました。こちらは『ウズキャリ第二新卒』という名前ですが、既卒の方もご利用が可能です。

▼「内定率は83%以上!第二新卒の方に特化した転職サポート『ウズキャリ第二新卒』

Kさんとのファーストコンタクトは電話での面談でした。東京で働くことを希望されていたので関東の企業を複数社提案し、上京された際に直接お会いしました。京大に入学できるほどの方ですので優秀な方であるのは間違いないと思っていましたが、予想通りKさんはとても素晴らしい方で1ヶ月間の転職活動でなんと3社から内定を獲得していました。

大学でその人の価値が決まるとは思いませんが、やはり京大や東大のような優秀な大学に合格した方は「物事の考え方や捉え方が違う方が多いな」という印象を受けます。加えてKさんは自身の優秀さを鼻に掛けることもなく、いつも低姿勢で謙遜しているような方でした。

そのような方であれば新卒・既卒・第二新卒に限らず、どんな企業も「ぜひうちで働いて欲しい!」と思うはずです。

結果的にKさんはITコンサルタントのポジションを募集していた企業様に入社しました。転職に際して、私はKさんと合計20時間以上カウンセリングをしたと思います。なかでもKさんの「将来的に地域活性化に携わりたい。そのために独立できる経験・スキルを身につけたいです」という考え方は印象的でした。

「コンサルタント」という職種に興味のある方はこちらの記事もぜひご覧ください。

業界別就活対策!「コンサルタント」の魅力と徹底攻略法
業界研究|コンサルタントの仕事の進め方 役割について

企業選びの方法=「考えることを一旦やめる」!?


内定をいただいた会社のなかから入社先を選択する際も「何を経験できて何を得られるのか」「それが将来どのように活かせるか」を真剣に考えていましたね。「少しでもKさんの力になれるなら」と、私も一緒に内定先企業に訪問し事業内容・職務内容・キャリアパス等のヒアリングも行いました。

様々な角度から検討した結果、Kさんが最終的に出した結論は「考えることを一旦辞める」ということでした。

入社する会社の環境を考えることよりも「その中でどれだけ自分がアウトプットを出せるか?」を考えたほうが建設的だという結論に至ったのです。

もちろん企業選びは非常に重要です。第二新卒・既卒の方達の将来をUZUZは真剣に答えています。しかしながらある程度希望を満たす企業から良いお返事をいただいた際、後は内定者の方が入社して「与えられた仕事にコミットできるかどうか」も大事だと感じました。

UZUZでは他にもKさんのようにハンデがありながらも見事コンサルタントに就職された方が他にもいらっしゃいます。

▼詳しくはこちらから!
職歴1年でITコンサルタント職に1週間で内定!その理由とは?
【大手からベンチャーへ】コンサルタントを目指した24歳第二新卒の転職物語

UZUZのサービス一覧

Kさんのように既卒として就職をお考えの方は、当社の『ウズキャリ第二新卒』をご検討してみてはいかがでしょうか。サービスはすべて無料でご利用可能です。専任カウンセラーが、あなたの希望に合わせた企業をご紹介します。気になった方は下記の一覧から内容をご確認ください。

既卒・フリーター・第二新卒の方はこちら!
入社後の定着率は脅威の93%!登録者一人ひとりに合わせたサポートで第二新卒の皆さんの転職を支援!UZUZの『ウズキャリ第二新卒』

ハイクラスな第二新卒のための「キャリアアップ転職」
『ハイクラス専用』

未経験から仲間と一緒に就活を行いたい方はこちら!
『ウズウズカレッジ』

理系に特化した20代専門の求人/就職サイトはこちら!
「ウズキャリ理系」に無料就活サポートを申し込む