既卒の就活体験談Vol.8|公認会計士に挑戦していた既卒者がしっかり転職に成功

既卒の就活体験談Vol.8|公認会計士に挑戦していた既卒者がしっかり転職に成功

こんにちはKuniyukiです。
本日も内定者の声を紹介したいと思います。

さあ内定者はどういった方だったのでしょうか~?
さっそく見ていきましょう!!

内定者の声、第八弾!

hiroki_naiteisha8_02

Hさんの経歴

中央大学卒業、25歳男性、就職留年1年、卒業後会計士試験を勉強していたため+1年

内定企業

Webマーケティングを強みとして、コンテンツSEOやアプリ制作を行うベンチャー企業

Hさんがスピード内定を獲得した理由!?

hiroki_naiteisha8_03

Hさんは登録して1ヶ月程度で内定→入社の運びとなり非常にスピード感のある就職活動を行いました。もちろん就職留年やブランクがあったため、書類で落とされる企業もありましたし、最終面接までのこりつつも落とされた事もありました。

なぜHさんがブランク合計2~3年の月日がありながら、内定まで1ヶ月でこぎつけることができたのでしょう?

それは『事前準備』『素直さ』だと思います。

事前準備

Hさんをサポートするにあたって面接前に必ず抑えて欲しいポイントをかなりしつこく深くお伝えしていました。それは業界知識であったり、商材知識などですが、やはりほとんどの求職者はついつい面倒になり、HPを読み込んでこない方が多いです。その中でHさんはHPを読み込み、分からない点は面接対策時に質問をして悩みを解消した状態で面接に挑んでおりました。

特にコンテンツSEOという領域はリスティング広告やSEOというSEMをある程度理解していないとコンテンツSEOの凄さは分からないと思いますが、その点に関しても自分なりの理解度をもって面接に望んでいました。

素直さ

また対策時に感じた点として、非常に非常に素直な方でした。学歴が高い方や資格試験を勉強していた方が面接不通過になる典型的な理由として『スキルがないのに鼻が高い』というコメントを頂く事があります。今までの人生で、結構うまくいってるかな?と自信過剰になる方が多いんですかね。

「いやいや!まだ君働いてないから!」
というツッコミが採用担当者からあるのを理解して面接にのぞんで欲しいです。Hさんの場合は『少々遠回りをしてしまったので、この職場で何が何でも働いて営業実績を出して、同級生に追いつきます!』という強い意志を持っていました。

Kuniyukiの感想

hiroki_naiteisha8_04

初心に戻るかぁとHさんとカウンセリングをして思いました。
謙虚に地味にコツコツと一人でも多くの内定者を第二新卒ナビから出せる様に今日も仕事します!
ラーメン食べたいです。

kuniyuki

Hiroki Okamoto

株式会社UZUZ取締役副社長。元第二新卒。北海道出身で高校卒業後、米国アラバマ州立大学ハンツビル校にて宇宙物理学を専攻。卒業後はベンチャー企業に入社し1年間勤務。その後、2012年に若者がウズウズ働ける世の中を作るべく今村とともにUZUZを設立する。