既卒の採用市場既卒・フリーターのための息抜き記事

男性フリーターの結婚率は正社員の3分の1以下!?フリーターの厳しい結婚事情

Kyoko Matuura

男性フリーターの結婚率は正社員の3分の1以下!?フリーターの厳しい結婚事情

愛する人と結婚し暖かい家庭を築きたいと思うのは、正社員でもフリーターでも同じです。今はまだ結婚願望は少ないけれど将来は結婚を望む方、今すぐ結婚したいと思う方、どちらの方にも知っておいていただきたい事実があります。それは、「フリーターの結婚がとても難しい」という現状です。

男性フリーターの結婚率は、正社員男性の4分の1以下という結果もあるほど、フリーターの結婚は難しいものなのです。フリーターの結婚についての厳しい現状と、その理由についてご紹介します。

男性フリーターが結婚している割合は正社員の4分の1以下!

shutterstock_414959146
平成24年度に厚生労働省から発表された就業構造基本調査で、男性フリーターの結婚が厳しい現状がわかります。30歳から34歳までの男性有配偶者率は全体で50.0%、半数の男性が結婚しています。

これを就業形態別にみてみると、正社員の方の有配偶者率は57.8%、パート・アルバイトの方は13.6%です。同じく35歳から39歳までの男性の有配偶者率は全体で61.1%、正社員の方は68.6%、パート・アルバイトの方は19.3%となります。結婚している男性フリーターの割合は、正社員に比べて30歳から34歳までで4分の1以下、35歳から39歳まででは3分の1以下となるのです。

また、35歳から39歳までの男性フリーターの有配偶者率は、平成19年の調査では25.2%でした。実に5.9%も減少しているのです。30歳から34歳は17.1%と、こちらも3.5%減少しています。男性フリーターが結婚することは、さらに難しくなる傾向にあるといえるのではないでしょうか。

参考:独立行政法人 労働政策研究・研修機構 「若年者の就業状況・キャリア・職業能力開発の現状2」
独立行政法人 労働政策研究・研修機構 「若年者の就業状況・キャリア・職業能力開発の現状」

年収による結婚格差は拡大中

働き方による結婚格差だけでなく、年収による結婚格差も拡大しています。男性正社員の平均年収は15歳から34歳までの平均値で335万9,000円、男性フリータの平均年収は134万1,000円という調査結果が出ています。

個人年収別での有配偶者率を見ていきましょう。30歳から34歳までの年齢で男性正社員の平均年収が含まれる年収300万円台の有配偶者率は54.6%です。それに対して男性フリーターの平均年収である100万円から149万円までの有配偶者率は22.7%、300万円台の半数以下になっています。

30歳から34歳男性で一番有配偶者率が高いのは年収800万円台の層となっています。有配偶者率は87.4%とかなり高い数字です。年収700万円台から400万円までの層は、63.8%から74.5%となっており、6割から7割の男性が結婚しています。

それに対し、年収200万円未満の層はいずれも有配偶者率は20%台、2割弱しか結婚していません。年収が高い男性ほど結婚できる可能性が高く、低い男性ほど結婚しにくいという現状が如実に現れているのです。

さらに平成24年度・19年度・14年度を比較していくと、年収200万円未満の層では有配偶者率は減少傾向にあります。年収300万円以上の層をみていくと、600万円台のみ下がっているものの、それ以外の層は上昇傾向にあるのです。年収による結婚格差は、これからますます大きくなることが予想されます。

参考:独立行政法人 労働政策研究・研修機構 「若年者の就業状況・キャリア・職業能力開発の現状2」

男性フリーターが結婚しにくい理由とは

shutterstock_360027467
男性フリーターが結婚しにくいのはなぜでしょうか。理由として挙げられるのが経済的な問題です。年収による有配偶者率の差を見てもあきらかですが、経済的な安定がなくては結婚に踏み切ることは難しいのです。

「愛があればお金なんてなくてもかまわない」といいますが、生活するにはお金が必要不可欠です。家賃、食費、光熱費など、ある程度の収入がなくては結婚生活は維持できません。共働きの夫婦も増えていますが、男性に家計を支えて欲しいと考える女性はまだまだ多いものです。女性にとって、経済力に不安がある男性フリーターの方は、結婚相手として考えにくいのが現状といえるでしょう。

子どもを育てるお金が捻出できない

女性が男性に経済力を求める理由のひとつに、子育てがあります。子育てには多くの費用がかかるため、子どもを産みたいと思う女性は経済的に安定した男性を求めます。

男性フリーターの平均年収では、子育て費用は捻出できず夫婦共働きが必須です。しかし、出産により女性は仕事を辞めざるを得ない場合もあります。保育園の待機児童の多さがニュースにもなる今、出産後に幼い子どもを預けて仕事を続けられる保証はありません。

子育てにかかるお金は、男性が働くことである程度賄うことができるのです。

年齢が上がっても収入が上がりにくく経済基盤ができにくい

若いうちであればフリーターでも正社員でも年収が低いことはあります。しかし、正社員は年齢が上がるにつれ、年収も上がる傾向にあります。

年功序列は崩れてきたとはいえ、正社員はキャリアアップの機会も多く、年収が上がりやすいです。しかしフリーターの場合、勤務期間が長くなっても時給は変わらず、年収はそのままという方が多いのではないでしょうか。

子どもが大きくなるにつれ子育てにかかる金額も大きくなっていきます。男性フリーターの年収が上がりにくいということは、今はなんとかなっていても、将来的に子育て費用が破たんしてしまう可能性があるということを表しています。

雇用が安定しないことも不安要素

フリーターは正社員に比べて、雇用が安定しにくいことも結婚を難しくしています。

正社員を解雇するには、「解雇整理の4案件」と呼ばれる条件を満たさなければならないと法律で定められています。それに対し、フリーターなど非正規雇用は解雇がしやすいため、雇用が不安定になりがちなのです。

不安定な雇用状態では収入が途切れる恐れがあります。生活が不安定になることも、男性フリーターが結婚しにくいことにつながっているのではないでしょうか。
か。

女性フリーターも結婚しにくい!?その根拠とは

shutterstock_346405835
男性に比べ、女性フリーターの有配偶者率は正社員と差がありません。30歳から34歳の女性の有配偶者率は59.6%、正社員は43.3%、パート・アルバイトは63.2%となっており、正社員よりも結婚できる割合が高く感じられます。

ただし女性の場合は結婚や出産により仕事を辞めたり、働き方を変えることがあります。そのため、一概に女性フリーターは結婚しやすいとはいえません。逆に女性フリーターは結婚しにくいのではと推測できるデータもあるのです。

参考:独立行政法人 労働政策研究・研修機構 「若年者の就業状況・キャリア・職業能力開発の現状2」

結婚前の雇用形態は正社員が半数以上

女性の有配偶者率が6割を超える30歳から34歳の女性の正社員と非正規雇用の割合を見てみると、正社員が34.7%、非正規雇用は31.0%です。正社員と非正規雇用の割合がほとんど変わらない状態となっています。

しかし、内閣府が行った平成23年度に行った調査によれば、結婚前に働いていた女性のうち、64.2%の方が正社員です。それに対し非正規雇用の方は29.2%にとどまります。結婚した女性の内の6割以上は正社員として働いていた方ということなのです。

女性フリーターも、男性フリーターほどではなくとも結婚しにくい状態にあるのではないでしょうか。

参考:総務省統計局 「最近の正規・非正規雇用の特徴」

女性フリーターが結婚しにくい理由とは

shutterstock_550412254
女性フリーターが結婚しにくいのはなぜなのでしょうか。男性に比べ、女性は経済力はあまり求められない傾向にあります。共働き夫婦は増えていても専業主夫はまだまだ少なく、妻だけが家計を担う必要はありません。

女性フリーターが結婚しにくいのは経済力以外の部分にあるのです。

結婚相手と出会うチャンスが少ない

女性フリーターが結婚しにくい理由として考えられるのが、出会いが少ないという点です。結婚相手と出会ったきっかけが職場や仕事という方は多いものです。職場の同僚や取引先など、仕事を通じて知り合った方と結婚に至ることもありますし、上司や同僚の知り合いを紹介されることもあります。

しかし、女性フリーターが職場で出会う異性は、同じフリーターになりがちです。経済的に不安定な男性フリーターを結婚相手として選ぶのは避けたいと考えるなら、職場での出会いに期待はできません。出会いのきっかけから職場を対象外にするなら、結婚相手に出会うチャンスをそれだけ失うということです。

そのため、女性フリーターが結婚相手を探すのは正社員よりも難しくなるのです。

自分に収入があれば相手の年収にとらわれず結婚できる

女性フリーターも男性フリーターと同じく平均年収は低い状態にあります。この年収の少なさが、結婚相手を選ぶ選択肢を減らすことにつながります。

もし自分にある程度の収入があれば、たとえ男性の経済力に不安があっても家庭を安定させることが可能です。自分に収入があれば、年収は少なくても家事や育児を分担してくれる男性を結婚相手の選択肢に入れることができるのです。

年収の高い女性であれば、たとえ夫となる人の経済面が不安であっても、思い切って結婚に踏み切ることもできます。フリーターは自分の年収が低い分、夫の経済力を重視しなくてはならないため、相手を選ぶ選択肢が狭まってしまうのです。

共働きしたいと思う男性が増えている

男性は女性に比べ、相手に経済力を求めない方が多い傾向にあります。ただし、雇用が不安定になってきた今、妻に共働きしてほしいと思う男性は確実に増えているようです。

厚生労働省が2015年に行った「第15回出生動向基本調査」では、妻に結婚後もしくは出産後、専業主婦になってほしいと思う男性は年々減少しているという結果が出ています。2015年には10.1%と、専業主婦を望む男性は、全体の約1割になりました。

それに対して育児と仕事を両立してもらいたいと考える独身男性は増加しています。2015年は過去最高の33.9%、3割以上の男性は妻に結婚後も働き続けて欲しいと思っているのです。

しかし女性が出産後も働くには、産休や育児休暇を取得して復帰できる環境が必要です。正社員にくらべ、フリーターは産休や育児休暇を取得しにくいのが現状です。

第一子出産後も仕事を続けている女性の割合は正社員で69.1%、育児休暇制度を利用した割合は59.0%です。それに対してパート・派遣の非正規雇用では仕事を続けた割合は25.2%、育児休暇を取得したのはたった8.7%です。育児休暇を取得したパート・派遣の女性の割合がかなり少ないことからも、その厳しさがわかるのではないでしょうか。

出産後も共働きができる女性を求める男性からは、フリーター女性は結婚相手として選ばれにくいのです。

参考:国立社会保障・人口問題研究所 「第15回出生動向基本調査 第Ⅰ部 独身調査の結果概要」 
国立社会保障・人口問題研究所 「第15回出生動向基本調査 第Ⅱ部 夫婦調査の結果概要」

結婚したいと思うならまずは正社員を目指してみよう

shutterstock_117996736
フリーターの方は、男性も女性も結婚が厳しい状態にあることはおわかりいただけたでしょうか。もちろん、フリーターだからと言って結婚できないというわけではありません。しかし、フリーターのまま結婚するには、経済力などのマイナス面を補うだけの人間的な魅力が必要になるのです。

今すぐでなくても、いつかは結婚して家庭を築きたいと思うのなら、まずは正社員を目指してみるのもおすすめです。経済的に安定することで家庭を築く自信ももてますし、一生懸命に仕事をがんばることで人間的な魅力も高まるのではないでしょうか。

フリーターから正社員を目指すなら人材紹介サービスを利用するのもオススメ

正社員にはなりたいけれど、就職活動に自信が持てないという方は、人材紹介サービスを利用してみるのはいかがでしょうか。ウズキャリなら、丁寧なサポートを受けることができる上、あなたの希望に沿った求人を紹介してくれます。

フリーターや既卒の方に特化した人材紹介サービスで正社員、さらに幸せな結婚を目指してみましょう。

既卒・フリーターでも希望の会社で内定が取れる!?徹底した個別サポートを受けたいなら『ウズウズキャリアセンター』へ!

Kyoko Matuura
Kyoko Matuura

岐阜県在住のアラフォーママライターです。メイクとコスメが大好きで、ライティング業務の傍ら、メイクのお仕事もしています。趣味は二人の子どもと一緒に公園を巡ること、特技はマッサージです。

相談する